Home投稿SearchNotesAdmin

小説・体験談 更新報告 掲示板

自サイトの宣伝や更新報告にどうぞ。S.N.N.に登録されているサイトやえろ物語ランキング 参加者の利用です。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
歩道橋の下で 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3732   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/23(Sun) 09:10
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「歩道橋の下で」最終話の案内です。

でも不思議だ。あの少女に会ってから俺の人生がゆっくりと変化し始めている。
今朝は朝早くから妻が朝食を作ってくれた。
夫婦で共にする何年かぶりの朝食。
俺はそれを口にしながら、胸の奥が焼けるような痛みを感じた。

それだけではない。
遅刻癖が治まってからの会社での評価もすこぶる良くなっている。
昨日などは、馬の合わないあの上司から直接褒め言葉まで貰うとは……

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2244★
No.
Name
Date
URL
: 3731   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/23(Sun) 07:54
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 由美は、屍となって静かに横たわっているだけだ。
 美弥子も動いていない。
 美弥子の視線は、シートの皺を遡った。
 そこには、未だ物干し台に縛られたままの少年がいた。
 視線が合った。
 少年は、意識を取り戻していた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「波瀾のOL」更新です
No.
Name
Date
URL
: 3730   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/22(Sat) 12:20
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「波瀾のOL」第9話の案内です。

店は、胸のくり抜きの制服が評判になり、ホステスも次第に乳房の膨らみを
露わにするようになり、乳房を触らせている。
そのせいで、店も繁盛していくが、晴美には(これで、いいのかしら?)腑に落ちない。

それでも、我慢して勤めているると、高橋が久しぶりに店に来た。

「元気そうだね。これいいね」くり抜きから乳房を掴んで言う。
「やめて下さい。乱暴にされると、痛いんです…」手を掴んで言うと「痛いんじゃ、
仕方ないな」素直に手を引いた。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

SM小説『悪魔の集う家』
No.
Name
Date
URL
: 3729   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/22(Sat) 11:26
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『悪魔の集う家』
第11話 地下室での洗礼  とっきーさっきー作 

「遥香、股を拡げろ」
「……!」
「聞こえなかったか? 股を拡げてオマ○コを見せろと言ったんだ!」
パシィィッッ!
「痛いッ! は、はい……」
お義父さんのグローブみたいな手の平が、わたしのお尻に炸裂した。
骨まで伝わる激痛に、反抗する無意味さを教えられて足を開いていく。
目の前にいるのは男の人なのに、またぶたれるのが怖くて、
恥じらいも忘れたわたしは肩幅いっぱいに両足を拡げた。
「ふんっ、素直にしないから痛い目に合うんだ。覚えとくんだな」
「……はい、お義父さん」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2243★
No.
Name
Date
URL
: 3728   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/22(Sat) 08:16
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 美弥子も、自ら表情を変えた。
 頬肉を引きあげ、般若の形相を作る。
 舌を突き出す。
 しかし、接吻を求めたわけではない。
 由美の口蓋は開き切り、すでに口づけを交わす余裕などないだろう。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

SM小説『全ての者に愛の手を』
No.
Name
Date
URL
: 3727   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/21(Fri) 14:52
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『全ての者に愛の手を』
第7章「知恵の実を口に」(7) ふるふる作 

「ちょッ…い、いや…ッ――――――!!」
口を抑え、全身の痙攣を悟られぬよう体をこわばらせた。
イってしまった。生徒の前で。
きっと彼の狙いはこれ。
大衆の前で辱めることだ。
「はッ…はッ…はッ…」
「だ、大丈夫ですか?」
「はッ…はッ…んく…だ、大丈夫です。すみません、今日は体調が良くないので…」
下手な言い訳をしつつ授業を進めていく。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2242★
No.
Name
Date
URL
: 3726   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/21(Fri) 07:35
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「犯して」

 美弥子は、ダイブして重なった。
 尿まみれの顔面を舐め合う。
 勃起した陰核を、由美の太腿になすりつける。
 由美が身悶えを止めた。
 挿入を促しているのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

ポエム『終電』ほか
No.
Name
Date
URL
: 3725   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/20(Thu) 22:43
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

・ポエム2編
『終電』 藤奈々子作
『官能繚乱』 Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

もえもえ マーメード・ママレード 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3724   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/20(Thu) 16:27
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「もえもえ マーメード・ママレード」最終話の案内です。

もえもえは返事をしなかった。
 いや、正確には返事ができなかった、と言うほうが正しいだろう。
 愛とは無縁のケモノじみた強引な性交。
 望まないのに確実に絶頂に導かれていく肉体。
 もえもえはそんな自分が忌々しかった。
 可能な限り感情を抑えていたもえもえだったが、絶頂が間近であることは外目からもはっきりと見
て取れた。
 呼吸が乱れ、手足に緊張が走り、身をよじらせる。さらには車山だけが知り得ることだが膣の収縮
が活発になっていた。

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

官能小説『エッチな本を立ち読み中の女子』
No.
Name
Date
URL
: 3723   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/19(Wed) 22:58
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『エッチな本を立ち読み中の女子』
1話読切り 赤城ポポ作

詩織 高校生 17才
学校帰りに立ち寄った本屋。私はボーイズラブのコミックを立ち読みしていた。
ここには同級生も来ないし、こっそりと楽しむことができる。
夢中になってコミックを読んでいると、後ろに気配を感じた。
後ろをちらりと確認すると、30歳代くらいの男性がジャージ姿で立っていた。
「そんな本読んで・・・いけないんだよ」
男性が話しかけてくるが、気持ち悪いので無視していた。
「男の体に興味があるなら、ぼくが教えてあげるよ」
後ろでもぞもぞとしているのが聞こえる。
すると、私の右手をぐいっと掴まれて、後ろにひっぱられた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2241★
No.
Name
Date
URL
: 3722   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/19(Wed) 07:41
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「じゃ、わたしが出す」

 今度は、由美がかけてくれると云うのだろうか。
 美弥子の瞳は、期待に膨らんだ。
 しかし、意に反して、由美は奇怪なポーズを取った。
 再びシートに背中で転がると、その反動を使って腰を持ちあげたのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「逮捕せよ!」更新です
No.
Name
Date
URL
: 3721   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/18(Tue) 15:32
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「逮捕せよ!」第3話の案内です。

「この前はお世話になりました」紀子が礼を言うと「いいえ、それより大事な話がありまして!」
「わかりました。こちらへ」紀子は空いている会議室に沢口を連れ込んだ。

「早速ですが、大事な事って何でしょうか?」

「連続レイプ犯の事です…。犯人の右腕には、サソリの刺青が彫ってあります…」
項垂れて、沢口が言った。

「沢口さん、どうしてそれを。ま、まさか、沢口さんも…」紀子は驚きの声を上げた。

それには「う、う、うー!」沢口は堪えきれず、泣き出した。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

官能小説『生け贄の婦警』
No.
Name
Date
URL
: 3720   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/18(Tue) 11:04
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『生け贄の婦警』
(サスペンス・凌辱系作品)
第12話 黒幕による陵辱 赤星直也作

一方、久美も貴子同様に四つん這いにされて肛門に浣腸が入れられていく。
「いや〜!」抵抗したが、男の力には勝てず、あっけなく押さえられて、
肛門に押し入れられてしまった。
「抜いて、お願いよ!」
「あんただけやらないと不公平だしな」浣腸器から液体が噴射されて
「ヒー!」冷たい液体が久美の腸内まで届いた。
(イヤ、もう見られたくないのに…)次第に腹部が違和感を感じていく。
「と、トイレに行かせて…」四つん這いにされた久美は顔をしかめて言う。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #191』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3719   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/18(Tue) 07:27
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「立ち去れと……仰せか」

 兵部、北の兵部卿宮(ひょうぶのきょうのみや)は、ようやく声を絞り出した。
 それに応じる斎王恭子(のりこ)の声は変わらずに凍て切っていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
No.
Name
Date
URL
: 3718   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/17(Mon) 16:25
: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
第13話 初めての三所攻め  Shyrock作

「いや……せめてゴムを……ゴムを着けて!」
「ふん、そんな面倒くせぃことするわけねぇだろう」
 笠原の顔面にあやが跨り、百合が笠原の肉棒を咥える。
 そんなえも言えぬ卑猥な構図の対角線には後手に縛られ、
淫らな光景を見つめる俊介の姿があった。
(ペチョペチョペチョ……)
「ぷはぁ……旦那よ、あやさんの3Pなんて滅多に見れないと思うから、しっかりと目に
焼き付けておくんだな〜。がはははは……(ベチョベチョベチョ……)」
「んぐぐぐっ!んんぐっ!」
 そうつぶやくと笠原は舌を深く挿し込み激しく掻き回した。
 執拗なまでの笠原の舌さばきに次第にあやの口からは淫靡な声が漏れ始める。
「あっ!んんっ!いやぁ……!」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2240★
No.
Name
Date
URL
: 3717   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/17(Mon) 07:37
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 由美の左右の瞳が、目頭に寄っていた。
 その視線の結ばれる先で、美弥子の陰核が揺れている。
 由美の両手を太腿に感じた。
 力が籠もる。
 同時に、由美の顔が持ちあがった。

「あひゃ」

 陰核を咥えられたのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

歩道橋の下で 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3716   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/16(Sun) 17:43
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「歩道橋の下で」第3話の案内です。

週一だった歩道橋通いが今では連日の行事になっている。
もちろんあの少女に会うのが目的だったが、不思議なもので、あの日以来遅刻はなくなった。
お目当ての少女の朝が早いこともあるが、彼女のパンティーを拝んだ後はさっさと会社へと向かう。
それが習慣になりつつあった。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2239★
No.
Name
Date
URL
: 3715   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/16(Sun) 08:04
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 美弥子は、狂女のように着ているものを脱ぎ捨てた。
 全裸であることに、叫びたいほどの歓びを感じた。
 由美の足元に、仁王立ちになる。
 自らの股間を見下ろす。
 猛々しく勃起した陰核は、涼太の陰茎ほどもある。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

SM小説『悪魔の集う家』
No.
Name
Date
URL
: 3714   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/15(Sat) 11:23
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『悪魔の集う家』
第10話 手と手を取り合って  とっきーさっきー作 

「お嬢様方、どこへおいでで? へへへへっ」
浅黒い肌をしたその男の人は、喉を鳴らして笑った。
その瞬間わたしだって身構えたのに、まるで格闘技をしている人みたいに
素早く腕を掴まれていた。
二の腕に指を喰い込ませながら強引に身体の向きを反転させる。
「旦那さまから連絡は受けておりましたが。ダメじゃないですか、
こんな所を散歩なさったりしては。ふふふふっ」
「い、痛いッ! 放してぇっ……お願いだから、放してよっ!」
「お姉ちゃん? あ、あぁ……どうしたの? この人、誰なの?」
孝太がわたしの声に反応して、首を右に曲げで左にも曲げた。
わたしとは違う気配を探して、匂いを感じて、男の人の腕を振り解こうとする。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2238★
No.
Name
Date
URL
: 3713   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/15(Sat) 08:27
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「ひぃ」

 由美の喉笛が鳴った。
 激情に襲われた指先に、力が籠もった。
 乳首を捻り潰す。

「あぎぅ」

 由美の表情が一変していた。
 見たことはないが……。
 絞殺される人は、断末魔の瞬間、こんな顔になるのだろうか。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
記事No 削除キー

- SUN BOARD -