Home投稿SearchNotesAdmin

小説・体験談 更新報告 掲示板

自サイトの宣伝や更新報告にどうぞ。S.N.N.に登録されているサイトやえろ物語ランキング 参加者の利用です。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
官能小説『復讐の病院』
No.
Name
Date
URL
: 3872   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/06/22(Thu) 16:34
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『復讐の病院』
(サスペンス・凌辱系作品)第2話 初めてのレズ 赤星直也作

 下着姿の2人は、抱き合ってベッドに倒れ込む。
「だ、だめよ!」悲鳴をあげて嫌がる紀子に、百合の唇が重なり口が塞がれた。
「…」思わず紀子は黙り込んでいる。
「下着も取るね」百合はまず、自分のブラジャーを脱いでから紀子のブラジャーを剥ぎ取った。
「可愛い、乳首ね」百合は紀子の乳房を揉みながら、乳首を吸う。
「あ、あん!」思わず、紀子は悶え声をあげた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(三十六)作:八十八十郎
No.
Name
Date
URL
: 3871   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/22(Thu) 07:28
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 襦袢を脱いだ伊織は上品な胸の膨らみを片手で覆った。
 腰巻を残したままかがみ込むと、脱いだものを足元にたたむ。
「さあここへ……」
 そう促されて、伊織は表情を硬くしたまま二人の間に身を運ぶ。
 おずおずと上向きに身を横たると、固く目を閉じた
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「悪夢の標的」更新です
No.
Name
Date
URL
: 3870   [返信]
: 未知の星  
: 2017/06/22(Thu) 06:12
: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「悪夢の標的」第9話をアップしました。

上野はこの時を待っていた。今さら老人に女体の講義などしてもさして妙味はなく、一時でも早く目 前に横たわっている最上級の肉を賞味したかったのだ。

 会長の合図により堰を切ったように上野は早速イヴの亀裂に指を伸ばした。

「早乙女君、それにしても君はなかなかよい道具を持っているね。いったいこれで今まで何人の男を泣かせたのだ?ええ?」

 亀裂に指を這わせながらイヴを問い詰めた。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2286★
No.
Name
Date
URL
: 3869   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/21(Wed) 07:36
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 史恵さんが、平山さんのご主人の脚元の布団に膝を着いた。
 そのまま、膝を進める。
 奥さんもご主人も股を開いているので、お尻のそばまで近づけた。

「じゃ、始めてください」

 史恵さんが、平山さんの背中に触れた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「逮捕せよ!」更新です
No.
Name
Date
URL
: 3868   [返信]
: 未知の星  
: 2017/06/20(Tue) 12:20
: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「逮捕せよ!」第12話をアップしました。

すると「ねえ。お願いがあるんだけど、レイプして欲しいやつがいるの…」今まで黙ってみていた美紀が言いだした。
「もしかして、同級生の香奈さんね?」淳子が反応した。
「そうなの。あいつは私をバカにばかりしていたわ。思い切り、恥を掻かせてやりたいし…」
「あんまり、乗り気じゃないけど、恩義というのもあるしな…」
「やってくれるのね、嬉しいわ。早速だけども…」美紀は詳しく説明した。

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

官能小説『息子の家庭教師を誘惑』
No.
Name
Date
URL
: 3867   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/06/20(Tue) 11:47
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『息子の家庭教師を誘惑』
1話読切り 赤城ポポ作

倫子 主婦 37才
息子の家庭教師に、大学生の男の子を雇っている。今日は息子が熱を出してしまったのに、連絡を忘れてしまい、彼が家まで来てしまった。
「ごめんなさい。早く連絡していれば、無駄足にならずに済んだのに。どうぞ入ってください。コーヒーでも飲んでいってね」
「あ、すみません、ありがとうございます」
リビングへ通すと、私はコーヒーを彼に出し、キッチンでお菓子を探した。しゃがんで探していると、ふと後ろに視線を感じる。
彼が、私の突き出たお尻をチラチラと見ていた。短めのスカートなので、下着が見えるかどうかというところ。
(この子、私なんかでも、興奮してくれるのかしら・・・)

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #200』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3866   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/20(Tue) 07:30
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 敷き栲(しきたえ;敷布団)に頽(くずお)れた兵部は、そのまま仰向けに横たわった。大の字である。兵部の胸が激しく上下する様を恭子(のりこ)は見て取った。
 膝立ちの笹津由は、同じく敷き栲(しきたえ)の上、こちらは膝立ちから横座りに姿勢を変えた。その喉元が一瞬大きく動いたと、恭子には見えた
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『いや!そんなもの挿れないで』
No.
Name
Date
URL
: 3865   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/06/19(Mon) 22:45
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『いや!そんなもの挿れないで』
第5話 下の口で食べるソーセージ  Shyrock作

「ほほう、お嬢さん、やっと諦めたかな?糸田、早くソーセージを咥えさせてやれ」
「店長、もう少し足を開いてくれますか?」
「ちぇっ、一人前に指図しやがって。ほれ」
 松野はぶつくさいいながら、衣葡のすらりとした長い足を強引に開く。
「いやぁ……」
「ソーセージがどれだけ入るか楽しみだなあ。うっひっひっひ」
 糸田はソーセージの先端を秘所に近づけた。
 小陰唇を二本の指で広げ膣口の位置を確認しソーセージを密着させる。
 衣葡の心は絶望に染まり顔色を失くしている。
 膣口にソーセージを宛がった糸田はゆっくりと押し込む。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2285★
No.
Name
Date
URL
: 3864   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/19(Mon) 07:37
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 史恵さんが、平山さんのご主人の脚元の布団に膝を着いた。
 そのまま、膝を進める。
 奥さんもご主人も股を開いているので、お尻のそばまで近づけた。

「じゃ、始めてください」

 史恵さんが、平山さんの背中に触れた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「永〜く愛して♪♪」更新です。
No.
Name
Date
URL
: 3863   [返信]
: 未知の星  
: 2017/06/18(Sun) 10:55
: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「永〜く愛して♪♪」第8話をアップしました。

指で2、3分の愛撫と、振動するバイブの2、3分の愛撫では、比較になどならない。
いつも同じ角度から指を差し込んで、割れ目を往復させるだけの味気ない吉貴の指とは違う。
花弁を割り拡げるように沈んだバイブが、秒速の振動で恥肉を揺さぶるのである。
経験したことのない刺激に、これだけで綾音の心が白く濁り始めていた。

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2284★
No.
Name
Date
URL
: 3862   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/18(Sun) 07:56
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「女将、どうやら参加者のみなさんの同意がいただけたようです。
 でも、布団が1組足りませんよ」
「いえ、見学させていただければ、それだけで」
「そうですか」

 女将の体型は、作務衣に包まれてたときから、ある程度は想像できた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「波瀾のOL」更新です
No.
Name
Date
URL
: 3861   [返信]
: 未知の星  
: 2017/06/17(Sat) 11:56
: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「波瀾のOL」第17話を更新しました。

翌日のミーティングでも「このままでは駄目だわ、実際に見せないと…」
「そうよね、恥ずかしいけど見せた方がいいわね」話がまとまり、早速、昨日の小売店を訪問した。

だが「忙しいのよ。そんな暇ないわよ」話を聞こうとはしない。
「ですから、確かめてください!」晴美はボタンを外して、ブラジャーを見せた。

「これが、そうなんです。大きく見えますが、実は…」背中のホックを外して乳房を見せた。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

SM小説『悪魔の集う家』
No.
Name
Date
URL
: 3860   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/06/17(Sat) 11:15
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『悪魔の集う家』
第19話 曝け出される柔肌  とっきーさっきー作 

「おい、見たか? こんな可愛い子を、あの鬼夫婦はどこからかっさらって来たんだ?」
「なんでも養子にとったと聞いているが、これほどの美少女とはな」
「弥生ちゃんや皐月ちゃんでも相当なレベルだが、遥香ちゃんて言うのか。この子を並べると霞んで見えるぜ」
「それにしてもよぉ、弟の方は目でも見えねえのか。まぁ、これからのことを考えると見えねぇ方が、幸せかもな。ははははっ……」
お客さん達のざわめきを、ステージに上がって肌で感じた。
性的な欲求にまみれた視線が、こんなに刺々しいなんて。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

愛と官能の美学/亜理紗 雪むすめ(第2話:美少女亜理紗) 作:Shyrock
No.
Name
Date
URL
: 3859   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/17(Sat) 08:19
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「なるほど……そうなんですか。とても切ない話ですね」

 そして静かな口調でつぶやいた。

「今日から10日間宿泊させていただきますのでよろしくお願いします。改めて詳しく聞かせてくださいね」
「はい、よろしゅうございます。今日はお疲れでしょうから、温泉にでも浸かってゆっくりされるのがよろしいかと思います」
------------------------------------------------------
投稿しました。

Shyrockさんの創作集『愛と官能の美学』は、土曜日(隔週)の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2283★
No.
Name
Date
URL
: 3858   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/17(Sat) 08:14
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「みなさん、よろしいですか?
 布団はもう、すぐ揃いますから」

 残りの2組の夫婦が頷いた。
 茶髪の奥さんが、飛び跳ねるように布団にあがった。
 寝転ぶ。
 子鹿さながらの肢体が、布団に伸びた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

リアル描写オリジナル羞恥官能小説を読みませんか
No.
Name
Date
URL
: 3857   [返信]
: 月夜桃花の物語  
: 2017/06/16(Fri) 19:05
: http://nightflower.h.fc2.com/index.htm
恍惚の表情を隠しきれず淡い嗚咽を漏らし、濡れ光る蜜襞の肉感の蠢き
甘美で濃い女の淫臭が漂うオリジナル官能小説80作品以上

作品テーマ 露出 痴漢 強姦 獣姦 老人 陵辱 羞恥 人妻 病院 農村

リアル描写オリジナル羞恥官能小説 

「月夜桃花の物語」

SM小説『全ての者に愛の手を』
No.
Name
Date
URL
: 3856   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/06/16(Fri) 17:20
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『全ての者に愛の手を』
第9章「支配者の傍ら」(5)〜(6) ふるふる作

彼は私の両足を持ち、M字に開脚させた。
私と彼の結合部が露になる。これで人が来れば私の下半身を見られ、なおかつ言い逃れ出来なくなる。
「やッ…こんな格好…人に見られたら…」
「そん時はそん時だ。今は思う存分楽しめ。」
「ああッ! んんッんあッ…」
ズッズッ
ベンチが軋むくらい突き上げられ、声を抑えるのすらままならない。
「気持ち良いんだろ?」
「い…いいッ!…」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2282★
No.
Name
Date
URL
: 3855   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/06/16(Fri) 07:40
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 吉川さんのご主人の応対に、ほかの2人のご主人方も頷いた。
 佳代ちゃんのお盆に次々と手が伸び、小ぶりの茶碗は、あっという間に飲み干された。

「失礼しまーす」

 部屋の入り口で声がした。
 女将の声だ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「悪夢の標的」更新です
No.
Name
Date
URL
: 3854   [返信]
: 未知の星  
: 2017/06/15(Thu) 07:37
: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、投稿小説「悪夢の標的」第8話和をアップしました。

 開脚しているイヴの真正面に陣取った会長は嬉しさで自然と笑みがこぼれた。

「ほほう。ここは特等席じゃのう。良い眺めじゃ。ところで上野部長、私も今まで多くの女の秘所を見て来たが、ちゃんとした呼び名を知らんのじゃよ。ちょっと教えてくれんかね?」

「ふむふむ。確かに通常はあまり使わないですからね。では、ただいまよりご説明します」
「うん」

 上野は1回咳払いをした後、女性器について説明をし始めた。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

官能小説『復讐の病院』
No.
Name
Date
URL
: 3853   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/06/15(Thu) 07:25
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『復讐の病院』
(サスペンス・凌辱系作品)第1話 新任看護婦 赤星直也作

 それでも、震わせながらも両足を開いていくと、黒々と生い繁った絨毛の中に、パックリと割れた淫裂が見えた。
真弓はじっくりと、淫裂を覗き込んでいる。
紀子にも、鼻息が敏感な肌に触れてそれが分かる。
「見ないで下さい。恥ずかしいです、婦長さん!」真弓は笑いながら、淫裂の上部にあるクリトリスの包皮を捲った。
「だ、だめ〜」紀子は、全身にショックを受けたように反り返る。
「ほら、両手を頭にやるのよ」
「恥ずかしいです。婦長さん、誰も来ませんよね?」
「大丈夫、鍵も掛けてあるし」笑いながら紀子を見つめている。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
記事No 削除キー

- SUN BOARD -