Home投稿SearchNotesAdmin

小説・体験談 更新報告 掲示板

自サイトの宣伝や更新報告にどうぞ。S.N.N.に登録されているサイトやえろ物語ランキング 参加者の利用です。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(十九) 作:八十八十郎
No.
Name
Date
URL
: 3323   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/27(Thu) 07:27
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 汗まみれの人足たちの前で腰高の支那服が青く輝いている。
 薄暗い建物の中に、米俵より多少大きめの袋がうず高く積み上げられた。
「どうやら全部運び終えたようだな」
 鷹の声に妖艶な笑みを浮かべた春蘭が振り返る。
 大きく縦に裾が割れて、そこから長く艶めかしい二の足が覗いた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2116★
No.
Name
Date
URL
: 3322   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/26(Wed) 07:46
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「中出しする気かよ」
「さっきのこいつので、病みつきになっちゃって。
 すんげー気持ちいいの」
「江奈が妊娠したら、どうすんだよ」
「結婚するに決まってる」
「江奈が同意するわけねーだろ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『エスカレーターの狭間で』
No.
Name
Date
URL
: 3321   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/10/25(Tue) 11:31
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『エスカレーターの狭間で』
第4話 男の目を悦ばせるって……? 
とっきーさっきー作

「おっ。いいねぇ、その目。ゾクゾクするねぇ。ところで怜菜ちゃんは、
脱いだ下着をどうしたの? トイレのごみ箱にでも捨てちゃったのかな?」
問い掛けながらも、俺の目は膨らんだ上着のポケットを見つめた。
それに感づいた彼女の右手がポケットを隠した。
「捨てません。でも……言えません」
「ということは、持ってるってことだよね。ブラジャーとパンティ?」
語尾の単語だけ強調した。
その脅しが効いたのか、怜菜ちゃんがコクリと頷いた。
「じゃあさぁ、怜菜ちゃんのブラジャーとパンティを、おじさんが預かってあげる」
「そ、そんな……」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #171』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3320   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/25(Tue) 07:28
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 道代と志摩子、それに秀男の乗る国鉄の普通列車は、轟音を上げて踏切を行き過ぎた。それと同時に、前方から赤い光が志摩子の目に近づく……と思う間もなく志摩子の後方に飛ぶように行き過ぎた。進行方向に背を向けている道代には、志摩子の視界を外れ列車後方に遠ざかる赤い光を、かろうじて見て取ることができたが、それもほんの束の間のことであった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

官能小説『歪んだ構図(改)』
No.
Name
Date
URL
: 3319   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/10/24(Mon) 21:42
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『歪んだ構図(改)』
ジャンル:寝取られ・義父 第2話 Shyrock作

「おお、光治はもう出掛けたか」
「お父様、光治さんは今出かけられました」
「そうか、そうか。それはご苦労なことだね」
「本当に大変なお仕事のようですわ」
「まあ、あいつならきっとやり遂げるだろう。ところで、きょうこ、
三日間も光治がいないと寂しいだろう?」
「いやですわ、お父様」
「きょうこたちはまだ若いから、毎晩アレをやっとるんだろう?」
「そんなこと……」
 歯に衣着せぬ芳雄の意表を突いた一言に、きょうこは頬を真っ赤に染めた。
「若いうちは一晩でもしなければ身体が火照って困るだろう?」
「お父様……もうおよしになって……」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2115★
No.
Name
Date
URL
: 3318   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/24(Mon) 08:03
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「起きろって」
 柔道女は右脚を上げ、そして下ろした。
「ほらほら」
 どうやら、男子部員を踏みつけているようだ。
「息が出来なくてもいいの?」
 顔を踏んでいるのだろう。
「うご。
 うご。
 は、離せ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

更新しました
No.
Name
Date
URL
: 3317   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/10/23(Sun) 13:23
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「秘密の学園」第21話の案内です。

そして、自分たちで作ったり、買ったりして当日を迎えた。
奈々達モデルは舞台の裏で待機していたが「先生、脱いで。全部よ」と言われる。

「パンティだけでも履かせて欲しいの」
「そんなの履いたら色気がなくなっちゃうわよ。素っ裸に着るの」
「そうよ、モデルなんだから文句は言わないで」仕方なくパンティも脱いで全裸に
なったが、恥丘には点々と絨毛が生えている。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2114★
No.
Name
Date
URL
: 3316   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/23(Sun) 08:17
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「あぎゃ。
 あんぎゃぎゃ」

 江奈の全身が、柔道女の腕の中で跳ね踊った。

「うわっ」

 柔道女は、懸命に江奈の身体を抱きかかえた。
 江奈の痙攣は、なかなか収まらなかった。
 茶髪の髪を、獅子頭のように振り乱していた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『夜這い』
No.
Name
Date
URL
: 3315   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/10/23(Sun) 00:18
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『夜這い』第3章  
深山涼一作

宏美は席に座るなり、前回食べて美味しかった魚の盛り合わせ二人前と生ビールを頼んだ。
「先輩、ここにはよく来るんですか。」
陽子が目を丸くして聞いてきた。
「ここに来るのは二回目よ。でも私の顔をよく覚えていたわね、あのおやじ。」
「じゃあ、一回目は誰と来たんですか。」
「そんなことあんたの知ったことじゃないでしょ。」
宏美は早速出てきたビールジョッキを一気に傾けてテーブルに置きながら言った。
「でも先輩もそろそろ結婚しないと。」
「余計なお世話よ。それよりあんた広岡さんに気があるんでしょ。」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2113★
No.
Name
Date
URL
: 3314   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/22(Sat) 08:12
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 M字開脚した江奈の身体が、わたしの下腹部上空に聳えていた。
 デザインの勉強のため図書館で見た、マグリットの『ピレネーの城』を思い出した。
 被虐的な姿勢を取りながらも、この場を支配する肉体だった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

更新しました
No.
Name
Date
URL
: 3313   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/10/22(Sat) 08:02
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。

今回「とっきーさっきー」様作「悪魔の集う家」第15話をアップしました。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/index.htm

SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
No.
Name
Date
URL
: 3312   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/10/21(Fri) 15:21
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
プロローグ 日常の崩れる音(3) 
ふるふる作 

一週間、彼と会い続けた。彼に会う時に私は、心に光を感じれた。
そして一週間と一日目、彼と別れ家に帰ると携帯電話がないことに気付く。
「喫茶店に忘れたのかしら。無くても困らないけど、明日は喫茶店定休日だし…。
綾香さんがいるうちに取りに行かなくちゃ。」
普段、夜は姉と共に外出するのだが、今日姉は夜勤のため私一人で家を出た。
綾香さんは閉店後も二時間程度店に残り後片付けや、次の日の準備をしている。
だから忘れ物をしたときはいつも、その日のうちに取りに行っていた。
カランッカランッ
扉を開きベルが鳴るが、綾香さんの声が聞こえてこない。
「綾香さん? いませんか?………んん!」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2112★
No.
Name
Date
URL
: 3311   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/21(Fri) 07:47
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「出番だよ。
 こっち来なって」
「おー、痛て。
 洒落にならないっすよ、その蹴り。
 どこで覚えたんす?」
「わたしのオヤジは、元キックボクサーなの。
 子供のころから鍛えられたんだよ。
 わたしを格闘家にしようとして」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

更新しました
No.
Name
Date
URL
: 3310   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/10/19(Wed) 08:01
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「婦警陵辱物語」第17話の案内です。

「いやよ。もう、許して下さい…」真紀は涙を流しながら拒んだ。
「イヤだったら、警察署にビデオを送るわよ。それともオ○ンコの相手をする?」
「やめて、ビデオを送るのだけは。セックスの相手をしますから…」泣き声でそ
う答えるしかない。

「決まりね。今度の土曜日昼に迎えにいくからね!」電話が切れると「また、レイ
プされる!」真紀は泣きながら床に崩れた。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2111★
No.
Name
Date
URL
: 3309   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/19(Wed) 07:58
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「××ずりって、どうやるんすか?」
「チビの見てたろ」

 不器用そうな手が、股間で動き始めた。

 これから、何をされるのかわからない。
 でも、わたしにはもう、すべてが終わった気がしていた。
※本編に伏せ字はありません。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『エスカレーターの狭間で』
No.
Name
Date
URL
: 3308   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/10/18(Tue) 17:50
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『エスカレーターの狭間で』
第3話 ノーパン・ノーブラでもがんばります!
とっきーさっきー作

「うん、大丈夫だよ。背中にはなにも映っていない。でも……」
「で、でも……?」
「下の方はちょっとね。なんというかそのぉ〜、怜菜ちゃんのお尻が割れ目のスジまで。
ま、まあ、薄っすらとだけどね。よ〜く観察しないと気が付かないレベルだから……たぶん……」
俺はわざと自信なさそうに答えた。
ついでに怜菜ちゃんには悪いが嘘もついた。
「た、たぶんって……? お尻が割れ目って……? ひっ、イヤァァァッ! 
見ないでぇっ、おじさん、お願いだから見ないでっ」
案の定、彼女はバネのように身体を伸ばすと、背中を壁に貼り付けている。
右脇のポケットが大きく膨らんているのは、そこに脱ぎ立てのブラとパンティを
収めているからに違いない。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #170』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3307   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/18(Tue) 07:34
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「ほうか、道。祇園が故郷か」
「へえ。そない思てます」
「ほうか……」

 道代は、少し遠慮がちに問いかけた。

「姐さん……姐さんも、そないちゃいますやろか」
「せやなあ。もう、くに(故郷)離れて何年になるんか……たぶん、もう帰ることはないやろし、祇園がくに、ゆうてもええんかもしれんなあ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『歪んだ構図(改)』
No.
Name
Date
URL
: 3306   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/10/17(Mon) 23:35
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『歪んだ構図(改)』
第1話 
Shyrock作

「きょうこ、今日は良い天気だね。これなら洗濯物もすぐに乾くだろう」
「あ、お父様、今日は碁を打ちにお友達の所には行かれないのですか?」
「ああ、今日は行かないよ。友達は今旅行に出掛けてて留守なんだ」
「じゃあ、おうちでのんびりとなさるといいですね」
「うん、そうだな。ところで、きょうこ、今干しているパンツすごく小さいなあ。
そんなのを穿いておるのか?」
「まあ、お父様、そんな恥ずかしいことお聞きになるのはよしてくださいよ」
「そんなに小さければ、アソコに食込んでしまうのではないのか?」
「もう、お父様ったら……」
 きょうこは頬を真っ赤に染め思わず俯いてしまった。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2110★
No.
Name
Date
URL
: 3305   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/10/17(Mon) 07:38
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 男子部員に替わって視界を占めたのは、江奈だった。

「へー。
 ほんとに処女だったんだ。
 血が出てるし。
 真っ赤な血に混じって、精液が泡立ってる。
 すっげー、エロい。
 おい。
 アップで撮るんだよ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

更新しました
No.
Name
Date
URL
: 3304   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/10/16(Sun) 08:54
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「秘密の学園」第20話の案内です。

翌朝、寮を出た奈々は職員室に入ると真っ先に服を脱ぎ、全裸になって授業の準備を始めていく。
同じように里奈も入るなり服を脱ぎ全裸になって乳房と無毛の淫裂を露わにしていく。

2人は全裸のままミーティングを済ますと教室に向かった。
教室に入ると「奈々先生が素っ裸に!」声が上がるが「出席を取ります」平然と授業を始める。
だが、生徒の間を回ると乳房や淫裂が触れ、手を叩きたいが生徒会との約束だから好きにさせている。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
記事No 削除キー

- SUN BOARD -