Home投稿SearchNotesAdmin

小説・体験談 更新報告 掲示板

自サイトの宣伝や更新報告にどうぞ。S.N.N.に登録されているサイトやえろ物語ランキング 参加者の利用です。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
No.
Name
Date
URL
: 3369   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/18(Fri) 18:13
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
第1章 昔話「悪魔の心」(3)  
ふるふる作 

「否定も肯定も無しね。まぁいいや、俺も肋骨折れてますし、あまり無茶はしたくない。
でも息子は元気なんだよなぁ。どうしようかなぁ。」
俺は一美の前で、今だ元気な逸物をチラつかせる。
左右に振られる逸物を目で追う一美。完全にチ○ポから目が離せないらしい。
「ああ…」
「ふむ…じゃあまた取引といこう。」
俺は床に落ちていた一美のショーツを拾い上げた。
「私のショーツ…」
「そう。一美のパンツだ。」
俺はこの時点で一美に敬語を使うのをやめていた。それに何の違和感もしない。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2132★
No.
Name
Date
URL
: 3368   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/18(Fri) 07:48
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「オナニーで逝ったらしいことは、ずっと見てたからわかるけど……。
 万が一、脳障害によるものだったら一刻を争うでしょ。
 でも、大丈夫だった。
 気持ち良さそうな寝息を立ててたわよ。
 だけど、そのままにはしておけないわ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『卒業式で裸になる女子高生』
No.
Name
Date
URL
: 3367   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/17(Thu) 21:06
: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『卒業式で裸になる女子高生』
1話読切り 赤城ポポ作

愛 高校生 18才
卒業したら、地元を出て遠くの大学へ行くことが決まっていた私は、
今日の卒業式で思いっきり露出しようと決めていた。みんなの前で解放されたい・・・。
体育館で卒業生が順番に登壇し、卒業証書を受け取っていく。私の順番はもうすぐだ。
(歩き始めたら脱ごう・・・)
私の名前が呼ばれる。前に向かって歩きながら、靴と靴下を脱ぎ捨てた。
まだほとんどの人は気付いていない。
みんなの前に出た。階段を昇る前に、スカートのホックを外して、すとんと床に落とした。
さすがに前列の生徒たちが気付き始めた。
「おいおい・・・あいつ、なにやってるんだ。パンツ丸見えだぞ・・・」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

硬到底
No.
Name
Date
URL
: 3366   [返信]
: 硬到底  
: 2016/11/17(Thu) 18:43
: http://www.strong-one.net/seiryokuzai-73.html
硬到底(コウトウテイ)は早漏症の緩和や、インポテンツ、勃起時間の延長に働きかける 漢方系精力剤で、しかも、摂取後長時間の持続と飲酒後でもあまり影響がないと言われ ている人気の精力剤です。

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2131★
No.
Name
Date
URL
: 3365   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/16(Wed) 07:46
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 消灯時間が来た。
 もう布団の中で、男根は勃起している。
 準備は、心身ともに出来あがっていた。
 わたしは、ベッドの上に半身を起した。
 そのとき……。
 ノックの音がした。
 わたしは、起した身を慌ててベッドに戻した。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

詩『二年坂 産寧坂 官能坂』ほか
No.
Name
Date
URL
: 3364   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/15(Tue) 21:55
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

詩3編
『二年坂 産寧坂 官能坂』  
『汝女騎士なりて』
『フレンチトースト』 
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

官能小説『エスカレーターの狭間で』
No.
Name
Date
URL
: 3363   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/15(Tue) 14:09
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『エスカレーターの狭間で』
第7話 オナニーの代わりに
とっきーさっきー作

下を俯いているのか、怜菜ちゃんの声はくぐもっていた。
「ああ、よ〜く見えてるよ。ふたつに割れた尻肉がはっきりとね」
「いやぁ、そんな言い方……恥ずかしい」
ズボンを引き上げたまま、怜菜ちゃんは太ももをよじらせた。
そのせいで、ますます少女特有の張りのある肉が露にされる。
「どんな感じ? 股布がオマ○コに喰い込んでいるのは」
「うぅぅっ、は、恥ずかしい。それだけです」
公衆の面前で行われる恥辱のショータイム。
俺はその行為全てに酔い、我を忘れかけていた。
「それじゃあ、そのまま歩いて見せてよ。階段の端までね」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

官能小説『歪んだ構図(改)』
No.
Name
Date
URL
: 3362   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/14(Mon) 15:39
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『歪んだ構図(改)』
ジャンル:寝取られ・禁断 第5話 Shyrock作

 芳雄は淫靡な微笑を浮かべながら、ショーツの上からではあるが
ふっくらと盛り上がった恥丘を指でなぞった。
 下着越しだが敏感な蕾の附近だ。
 きょうこは不快感に苛まれ表情を曇らせた。
 指は恥丘を数回旋回し次第に下方へと降りて行った。
(ググ……)
 白い布地に指がめり込む。
「ああっ……そこは……」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2130★
No.
Name
Date
URL
: 3361   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/14(Mon) 07:56
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 目が覚めたのは朝だった。
 この部屋は北側に面しているらしく、陽が差しこむことは無かった。
 しかし、新鮮な朝の光は、身に浴びなくてもわかるものだ。

 わたしは、ベッドに仰向いていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2129★
No.
Name
Date
URL
: 3360   [返信]
: Mikiko's Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/13(Sun) 08:27
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
これが男の身体。いや。薫の身体なのだ。夢にまで見た、わたしの王子様が、わたしのものになったのだ。惨めな“かをる”に戻りたいなんて気は、まったく無くなった。夢なら覚めるな。そうだ。ほんとに夢かも知れない。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

秘密の学園 更新しました
No.
Name
Date
URL
: 3359   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/11/13(Sun) 07:19
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は@秘密の学園」第24話の案内です。

その後、授業を行い、放課後になると部室に向かう。
部室に入った奈々は服を脱ぎ、全裸にならなければならない。

部員が見ている前でパンティ、ブラジャーを脱ぎ、全裸になると「これでいいのね」乳房と剃られたばか
りの淫裂を晒した。
「はい、それでいいです。稽古を始める前に抜かせてください」
「抜くって、またオナニーするの?」

「はい、ですから、協力してください」仕方なく腰を降ろして、Mの字に足を折り淫裂の中を晒した。
「凄いわ、先生のオ○ンコが丸見えよ」
「そうね、私も興奮してきた」男性は勿論、女生徒もスカートを捲り上げ、パンティの中に手を入れて淫
裂を撫でていく。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

官能小説『夜這い』
No.
Name
Date
URL
: 3358   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/12(Sat) 17:50
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『夜這い』第6章〜第7章 
深山涼一作

バスルームから出てきたミキは宏美に目配せすると照明を消して奥のベッドルームに入っていった。
宏美は、これから広岡の手の愛撫を受けるであろう両の乳房を脱衣所の鏡に映してみた。
暗がりに慣れてきた目に乳輪がおぼろげに見えた。すると奥から、
「ミキ、こっちへ来いよ。」
という広岡の聞き慣れたような初めて聞くような声がした。
(どうしよう。始まるわ。)
宏美が聞き耳を立てると、
「チュパッチュパッブチュッ」
自分の部屋から盗聴器を使って聞いたあの音が響いてきた。そして、それに合わせるように、
「んんっんんっ、ああっ、あっああん・・・」とミキの声。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2128★
No.
Name
Date
URL
: 3357   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/12(Sat) 08:03
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 そのまま真っ直ぐ下ろしたら、前の方がひっかかりそうに思えた。
 布地を前に引き出しながら、捲り下ろす。
 そのときも、視線は前方に定めたままだった。
 腿上げをするようにして、片脚ずつブリーフを足先から抜く。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
No.
Name
Date
URL
: 3356   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/11(Fri) 15:15
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
第1章 昔話「悪魔の心」(2)  
ふるふる作 

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2127★
No.
Name
Date
URL
: 3355   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/11(Fri) 07:53
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 目が覚めたのは夜だった。
 白いカーテンが、ときおり膨らむように明るくなるのは、自動車のライトだろうか。
 部屋には、常夜灯がひとつ灯るだけだった。
 まるで、紅茶の中にいるようだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『闇色のセレナーデ』
No.
Name
Date
URL
: 3354   [返信]
: ましゅまろくらぶ  
: 2016/11/10(Thu) 20:04
: http://mclub.sexy-mariko.com/
いつもお世話になっています。
「ましゅまろくらぶ」の管理人です。
官能小説『闇色のセレナーデ』
(羞恥の風 とっきーさっきー様)
第22話をアップしました。
------------------------------
「えっ! もしかして千尋ちゃん……ノーブラなの?」

それに気付いた緒方が、目尻の位置を更に下げた。
それを聞き付けた卓造が、スーツの内ポケットから取り出したスマホを取り落としそうになる。

「やだぁ、緒方様ったらエッチなんだから。でも、そうでぇ〜す。千尋は下着を着けずに来ちゃいましたぁ……へへっ♪」

緒方の真ん前に到着した千佳は、はにかむように顔を伏せたままタイトスカートを持ち上げていく。
太股の半ばまで露出した処で、シャッターを下ろすみたいに、また引き下ろしていた。
------------------------------
是非、お立ち寄り下さい。

http://mclub.sexy-mariko.com/

八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(二十) 作:八十八十郎
No.
Name
Date
URL
: 3353   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/10(Thu) 07:30
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 ふと我に返った羅紗は、夕日に染まった障子に向かって睫毛を二三度瞬かせた。
 それまでの気苦労が祟っているのだろう、つい書机にもたれたまま眠り込んでいたようである。
 その時、突然聞こえた子供の声に羅紗は大きく目を見開いた。
「あはは、お父上、こっちこっち」
 “鶴千代!!”
 立ち上がった羅紗が縁側の障子を開け放つと、外には幼少の頃から生まれ育った江戸屋敷の庭が広がっていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

婦警陵辱物語 最終話です
No.
Name
Date
URL
: 3352   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/11/09(Wed) 09:55
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回で「婦警陵辱物語」が完結しました。

「署長、この子もオ○ンコが好きなんですよ!」美里の淫裂を撫でながら言う。
「それなら田中君のオ○ンコの味見だ!」

「いやー!」いきなりの挿入に悲鳴をあげる美里に「ホントだ。締まりがいい
な。出したくなったよ」

「中には出さないで下さい!」美里は喘ぎながら言う。
「今度はバックだ!」美里は机に両手を付け、足を開かされて後ろから挿入された。
「あ、あ、あ〜!」喘ぎながらも堪える美里だった。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2126★
No.
Name
Date
URL
: 3351   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/11/09(Wed) 07:40
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「ひ」

 あのときの男の心持ちが、今、わかった。
 蕩けるような快感だった。
 男性器を口に含まれると、これほどまでに気持ちが良かったのだ。
 わたしの抵抗心は、一瞬にして蒸発していた。
 姉の口の感覚に、心を澄ます。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『エスカレーターの狭間で』
No.
Name
Date
URL
: 3350   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/11/08(Tue) 18:28
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『エスカレーターの狭間で』
第6話 オナニーの方法 
とっきーさっきー作

「ほら早く説明してよ。まずはどのくらいのペースなの?」
「ううぅっ、し、週に一度……くらい……です」
「週一ねぇ……ホントかなぁ。実は毎日オナってんじゃないのぉ? 
って、まいいか。で、どこでするの? もちろん自分の部屋でだよね」
「うっ! あ、はい……ベッドに寝転んで、夜、寝着けないときなんかに……」
「どんな風に? あっ、もしかして、ローターやバイブなんかも使ったりするの?」
「ゆ、指で……道具とかは怖くて使いません。お、おっぱいを左手で刺激しながら、
右手をあそこに這わせて……」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
記事No 削除キー

- SUN BOARD -