Home投稿SearchNotesAdmin

小説・体験談 更新報告 掲示板

自サイトの宣伝や更新報告にどうぞ。S.N.N.に登録されているサイトやえろ物語ランキング 参加者の利用です。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #191』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3719   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/18(Tue) 07:27
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「立ち去れと……仰せか」

 兵部、北の兵部卿宮(ひょうぶのきょうのみや)は、ようやく声を絞り出した。
 それに応じる斎王恭子(のりこ)の声は変わらずに凍て切っていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
No.
Name
Date
URL
: 3718   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/17(Mon) 16:25
: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
第13話 初めての三所攻め  Shyrock作

「いや……せめてゴムを……ゴムを着けて!」
「ふん、そんな面倒くせぃことするわけねぇだろう」
 笠原の顔面にあやが跨り、百合が笠原の肉棒を咥える。
 そんなえも言えぬ卑猥な構図の対角線には後手に縛られ、
淫らな光景を見つめる俊介の姿があった。
(ペチョペチョペチョ……)
「ぷはぁ……旦那よ、あやさんの3Pなんて滅多に見れないと思うから、しっかりと目に
焼き付けておくんだな〜。がはははは……(ベチョベチョベチョ……)」
「んぐぐぐっ!んんぐっ!」
 そうつぶやくと笠原は舌を深く挿し込み激しく掻き回した。
 執拗なまでの笠原の舌さばきに次第にあやの口からは淫靡な声が漏れ始める。
「あっ!んんっ!いやぁ……!」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2240★
No.
Name
Date
URL
: 3717   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/17(Mon) 07:37
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 由美の左右の瞳が、目頭に寄っていた。
 その視線の結ばれる先で、美弥子の陰核が揺れている。
 由美の両手を太腿に感じた。
 力が籠もる。
 同時に、由美の顔が持ちあがった。

「あひゃ」

 陰核を咥えられたのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

歩道橋の下で 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3716   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/16(Sun) 17:43
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「歩道橋の下で」第3話の案内です。

週一だった歩道橋通いが今では連日の行事になっている。
もちろんあの少女に会うのが目的だったが、不思議なもので、あの日以来遅刻はなくなった。
お目当ての少女の朝が早いこともあるが、彼女のパンティーを拝んだ後はさっさと会社へと向かう。
それが習慣になりつつあった。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2239★
No.
Name
Date
URL
: 3715   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/16(Sun) 08:04
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 美弥子は、狂女のように着ているものを脱ぎ捨てた。
 全裸であることに、叫びたいほどの歓びを感じた。
 由美の足元に、仁王立ちになる。
 自らの股間を見下ろす。
 猛々しく勃起した陰核は、涼太の陰茎ほどもある。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

SM小説『悪魔の集う家』
No.
Name
Date
URL
: 3714   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/15(Sat) 11:23
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『悪魔の集う家』
第10話 手と手を取り合って  とっきーさっきー作 

「お嬢様方、どこへおいでで? へへへへっ」
浅黒い肌をしたその男の人は、喉を鳴らして笑った。
その瞬間わたしだって身構えたのに、まるで格闘技をしている人みたいに
素早く腕を掴まれていた。
二の腕に指を喰い込ませながら強引に身体の向きを反転させる。
「旦那さまから連絡は受けておりましたが。ダメじゃないですか、
こんな所を散歩なさったりしては。ふふふふっ」
「い、痛いッ! 放してぇっ……お願いだから、放してよっ!」
「お姉ちゃん? あ、あぁ……どうしたの? この人、誰なの?」
孝太がわたしの声に反応して、首を右に曲げで左にも曲げた。
わたしとは違う気配を探して、匂いを感じて、男の人の腕を振り解こうとする。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2238★
No.
Name
Date
URL
: 3713   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/15(Sat) 08:27
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「ひぃ」

 由美の喉笛が鳴った。
 激情に襲われた指先に、力が籠もった。
 乳首を捻り潰す。

「あぎぅ」

 由美の表情が一変していた。
 見たことはないが……。
 絞殺される人は、断末魔の瞬間、こんな顔になるのだろうか。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2237★
No.
Name
Date
URL
: 3712   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/14(Fri) 07:38
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「うっ」

 濃臭が鼻孔に潜りこむ。
 刹那……。
 全身の力が抜けた。
 下腹部に、涼太の重みをずっしりと感じた。
 むくむくと膨れあがる陰核が、涼太の背を突きあげる。
 美弥子は、大きく息を吸いこんだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

SM小説『全ての者に愛の手を』
No.
Name
Date
URL
: 3711   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/14(Fri) 00:41
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『全ての者に愛の手を』
第7章「知恵の実を口に」(5)〜(6) ふるふる作 

彼はブラジャーの中に何か入れてきた。
ちょうど両乳首に当たるように固定されテープで止められた。
触れられた限り、5百円玉くらいの直径で三枚ほどの厚みのあるもの。
「んッ…」
「次は下だな。」
続いてパンティーの中に手が入り、ちょうど淫核に当たるように固定された。
下の方のものは小さな卵型に感じられる。
三つの物は細い紐で繋がっていた。いや紐ではなくコードだと思う。
「よし。さぁ炎之花、お楽しみの時間だぜ。」
カチ…
ヴィィィ…
「んッあぁッ…何これ…?」
突然、胸と下半身に固定された何かが震え出した。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(三十一)作:八十八十郎
No.
Name
Date
URL
: 3710   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/13(Thu) 07:34
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 伊織が連れ込まれた座敷から更に奥へ、渡廊下が池を廻った先に小さな離れ屋が見えた。
 薄暗い中に灯りを映した障子が浮かび上がって、寂し気な海辺の町には似合わぬ瀟洒な風情を漂わせている。
 しかしその中では一糸まとわぬ女たちが蛇の様に絡み合っていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

もえもえ マーメード・ママレード 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3709   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/13(Thu) 07:20
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「もえもえ マーメード・ママレード」第12話の案内です。

もえもえは挿入の快感に耐えられなくなってきたのか、時折肉棒を口から放し激しく喘いだ。

 空気が弾ける音が次第に早くなっていく。
 車山の動きが忙しくなってきたようだ。

 乳房を揉みしだかれ、陰核をいじられ、男根を咥えさせられ、さらに後方から太い竿を捻じ込まれ、
もえもえは気も狂わんばかりに昂ぶっていた。

 理性で堪えようとしても人間には限界と言うものがあるようだ。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2236★
No.
Name
Date
URL
: 3708   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/12(Wed) 07:36
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 由美が拳を突きつけてくる。
 逃れようとしたが、涼太が載っかっているため、下半身が動かなかった。
 上体だけ反らしたが、もちろん背後で支えるものはない。
 美弥子は、レジャーシートの上に仰向いてしまった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『生け贄の婦警』
No.
Name
Date
URL
: 3707   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/11(Tue) 11:16
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『生け贄の婦警』
(サスペンス・凌辱系作品)
第11話 2度目の拷問 赤星直也作

 排尿を終えた2人は再び両手首、両足首にチェーンが取り付けられ引き上げられていく。
(またムチで打たれるんだわ…)恐怖で体が自然と震えている。
「ギィ、ギィ!」チェーンの緩みが取れて2人は昨日のように櫓に大の字にされた。
「イヤ、もう打たないで!」昨日を思い出したのか貴子が泣きながら言うと
「勿論そんな事はしないさ。お嬢さんが正直に言ったらだけど…」
リーダーは貴子の赤い筋を撫でながら言う。
「ギャー!」まだ、腫れが引いてないから、筋を触られて悲鳴を上げた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

「逮捕せよ!」更新です 
No.
Name
Date
URL
: 3706   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/11(Tue) 07:45
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「逮捕せよ!」第2話の案内です。

今夜は、いつもと違って、仮面だけを付けての全裸になっている。

「イヤ、イヤ。レイプはイヤです!」泣き声になっているが「足を開くんだ。レイプし
て欲しいだろう?」また、ナイフが首に押し当てられた。

「はい。レイプして欲しいです…」涙を流して答える。

「そうだろうな。俺がお前の望みを叶えて、レイプしてやるからな!」肉竿が淫裂に
ゆっくり入り込んでいく。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #190 』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3705   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/11(Tue) 07:26
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 ほんの一尺程ではあるが、北の兵部卿宮(ひょうぶのきょうのみや)によって開けられた引き戸の隙間から風が吹き込んだ。戸外の、夜半の嵯峨野の風は斎王恭子(のりこ)の体を軽く嬲(なぶ)って過ぎた。
 恭子は身を竦めた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『ジェットコースターでパンチラ』
No.
Name
Date
URL
: 3704   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/10(Mon) 19:01
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『ジェットコースターでパンチラ』
1話読切り 赤城ポポ作

友美 高校生 17才
修学旅行で来た遊園地。友達とのじゃんけんで負けて、怖がりの私が、
立ったまま乗るジェットコースターに挑戦することになってしまった。
「はい、こちらへどうぞー。あ、スカートの方はご遠慮ください」
案内役のお姉さんが、制服姿の私を引き止める。
ところが、友達が強引に私を押し込んでしまった。
「お姉さん、友美は大丈夫ですから!」
「そうですか・・・。わかりました」
なんでスカートがダメなのか、乗ってみてすぐに分かった。
立ったままなので、下からパンツが丸見えになってしまうのだ。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2235★
No.
Name
Date
URL
: 3703   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/10(Mon) 07:37
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「あん」
「ふん」

 互いに甘え合うような鼻声をあげ、2人の魂は同時に昇天した。
 しかし、今生の名残りの精液は未だ噴き零れ、由美の手の甲に鑞涙を流し続けていた。
 由美は、無言でそれを凝視している。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
No.
Name
Date
URL
: 3702   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2017/04/09(Sun) 22:47
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
第12話 あやの蜜はどんな味  Shyrock作

 乳房を揉む指に力がこもる。
「痛いっ……やめて!」
 笠原の暴走は止まらずあやの白く柔らかな肌に唇を這わせた。
 笠原の強引な指使いにあやの身体は少しづつ反応を示し始める。
 白い肌は紅く変化し乳首や肉豆などの敏感な部分に指が触れるとあやは身体を震わせた。
「気持ちよくなってきたんだろう?」
「そ、そんなことありません……」
「身体は正直だ。旦那の前でこんな風にされて濡れるとはなぁ……まったくいやらしい女だぜ」
「ねぇ、旦那さん、奥さんのワレメちゃんびしょびしょよ。あなた以外の男でも同じように
濡れるんだね?あはははは」
「んぐっ!!んんんぐっ!!」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

歩道橋の下で 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3701   [返信]
: 未知の星  
: 2017/04/09(Sun) 10:02
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」です。
今回は、投稿小説「歩道橋の下で」第2話の案内です。

やがて、更に半月が経過し……
週一だった歩道橋通いが、今では3日に一度。この1週間は2日に一度のペースになってきている。

「……ったく、あんな男に何が分かるっていうんだ。『このままでは君の座席はなくなるよ』だと……
ふっ、面白い! やれるもんだったら、やってみろってんだ。はっ」

面白くない昨日の出来事に俺は毒づいた。
2時間くらいの遅刻がなんだというのだ。
入社以来、馬車馬のように働いてきた俺に対する報償だと思えば、これくらいの我儘はどうってことない。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2234★
No.
Name
Date
URL
: 3700   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2017/04/09(Sun) 08:01
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「出る出る出る出る」

 少年が声を裏返した。
 美弥子は上体を斜めに傾け、由美の手元を覗きこんだ。
 両手で挟んだ拳の上に、2本の陰茎が屹立している。
 大小2つの亀頭は、ピンクの雌しべのように膨れあがっていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
記事No 削除キー

- SUN BOARD -