Home投稿SearchNotesAdmin

小説・体験談 更新報告 掲示板

自サイトの宣伝や更新報告にどうぞ。S.N.N.に登録されているサイトやえろ物語ランキング 参加者の利用です。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #175』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3461   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/27(Tue) 07:29
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 道代は、志摩子の視線に引かれるように顔を上げた。道代の視線は、志摩子のそれとほぼ同時に秀男を捉えた。
 道代の視界に入った秀男は、変わらず悠揚とした風情であったが、心なしか気づかわしげにこちらを見ているように道代には思えた。その表情は、周りを囲む竹叢の影のせいか、次第に深くなる夕闇のせいか、それとも秀男が、竹の葉叢を透かして落ちてくるその日の最後の残光を背にしているためか、道代にはよくは見て取れなかった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『しずか姫 筆狂い(改)』
No.
Name
Date
URL
: 3460   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/12/26(Mon) 18:09
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『しずか姫 筆狂い(改)』
第三話 Shyrock作

 車井は額に玉の汗を浮かべながら、しずか姫の秘所にそっと筆を運んだ。
「あれれ?」
「いかがした?」
「姫、湧き水が止まってござります」
「では再び出せばいい」
「出すためには姫の大切な処をいじらねばなりませぬが」
「よきにははからえ」
「はは〜」
 車井は姫貝の合わせ目に親指と人差し指をあてがいゆっくりと広げた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

聖なる日の贈り物 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3459   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/12/26(Mon) 09:39
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「聖なる日の贈り物」第2話の案内です。

足元から聞こえてくる、くぐもった声と喉を震わせたような呼吸の音。
鼻に抜けたような上ずった声をあげながら、床の上であぐらを掻いた
おじさんが、上半身だけをロングスカートの中にすっぽりと隠している。

わたしは、部屋の真ん中でお腹に力を入れて立ち続けていた。
まるで土俵に上がったお相撲さんのように、両足を大きく開いて腰を落と
して、次第に荒くなっていく呼吸をなだめるように、両手をおへその上に
あてがっている。

お時間に余裕のある方はお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2160★
No.
Name
Date
URL
: 3458   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/26(Mon) 07:37
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 目を覚ましたのは、床(ゆか)の上だった。
 と云っても、毛足の長い絨毯は、敷布団に近い感触だ。
 上体を起こす。
 わたしの身体にかかっていた布が落ちた。
 裸だった。
 さっきまでの鏡の傍らだった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2159★
No.
Name
Date
URL
: 3457   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/25(Sun) 08:06
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「う」

 陰茎が、生温いものに包まれた。
 もちろん、見下ろしているわたしには、全てが目の当たりだった。
 水沢が、わたしの陰茎を咥えたのだ。
 近くで見た水沢の顔貌は、年齢を隠せなかった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『縁マンで抱かれて……』
No.
Name
Date
URL
: 3456   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/12/24(Sat) 15:04
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『縁マンで抱かれて……』
第4話 男のロマンって、パンツを脱がせることなの? とっきーさっきー作

ちゅる、ちゅる……ちゅばっ、ちゅぶっ……むちゅぅっっ……
「ふぁんっ! いきなりなんて、ずるいよ。やぁ、やだぁ……そこは、ダメぇっ!」
数分後、ロマンチックな雰囲気を潰したのは、お互い様になっていた、
四つん這いになった友哉が、Vの字に開いた股の真ん中に顔を埋めている。
両腕を肘から先だけレジャーシートにひっつけて、餌を食べる犬のようなポーズで
千佳のアソコを舐め続けている。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

秘密の学園 更新です
No.
Name
Date
URL
: 3455   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/12/24(Sat) 09:46
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「秘密の学園」第30話の案内です。

「ここじゃ無理だよ、あそこに行こう」車は向きを変えてこの前のラ
ブホテルに向かった。

ホテルに着くと「奈々さん、今日も欲しいよ」服を脱がせようとする。
「待って、自分で脱ぐから」奈々は自分から服を脱ぎだし全裸になった。

「奈々さん、欲しいよ…」横山は乳房に顔を埋め撫でながら乳首を吸い出す。
「ダメ、その前にあなたも脱がないと」横山も服を脱ぎ全裸になると

「私にさせて」」奈々は正座し肉竿を掴んで口で擦っていく。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2158★
No.
Name
Date
URL
: 3454   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/24(Sat) 08:29
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 綺麗だった。
 小さな頭。
 目元までかかる前髪。
 大きな瞳。
 細い顎。
 細い頸。
 そして……。
 細い身体。
 男らしい筋肉の隆起は、ほとんど見られない。
 それでいて、ギスギスした印象も無い。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

エッチな体験談『クリスマスの想い出』  
No.
Name
Date
URL
: 3453   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/12/23(Fri) 21:26
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

エッチな体験談『クリスマスの想い出』
1話読切り 投稿者KEN

俺は、繁華街の喧騒を感じさせない住宅街に在るショットバーに彼女と来ていた。
今日のクリスマスに合せ彼女の為にレストランの予約やらプレゼントやらで
走り回ったかいがあったというもの。
今日の彼女は何時に無く綺麗だ。
クリスマス効果って奴かな。
俺は何時もの如くバーボンロック、彼女はマティーニ 白く、
か細い指がグラスに添えられほんのりと赤く染まった頬が初々しい。
「今日、家には、何て言ってきたの?」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
No.
Name
Date
URL
: 3452   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/12/23(Fri) 11:57
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM系官能小説『全ての者に愛の手を』
第2章 昔話「待ち焦がれた快楽」(5)  
ふるふる作 

「ま、ここに来たってことは俺に服従すると誓うわけだ?」
「…はい。私、六条一美は、御主人様の奴隷になることを誓います。」
「じゃ、首、見せてみ。」
私はナース服の襟を開け、みぞおちの辺りまでのボタンを外し服を開いた。
首には南京錠で外れぬようになった首輪が巻かれている。
「うん似合う似合う。さぁ始めようか。」
「……はい。」
私のショーツは限界に水気を吸い込み、吸いとれなかった愛液が太股を
伝い膝にまで垂れてきていた。
私は堕ちる所まで堕ちる覚悟はできていた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2157★
No.
Name
Date
URL
: 3451   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/23(Fri) 08:16
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 ベッドは、綺麗に設えてある。
 アイボリーのベッドカバーには、シワひとつ無い。
 わたしは、ベッドカバーごと、掛け布団を捲った。
 ベッドカバーと同色のシーツ。
 綺麗にアイロンがかかっている。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

詩『HoLy Lover』ほか
No.
Name
Date
URL
: 3450   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/12/22(Thu) 22:33
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

詩4編
『HoLy Lover』
『高台寺の水辺』
『ヴィローシャナの民』
『はちみつ』 
Shyrock作 

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(二十三) 作:八十八十郎
No.
Name
Date
URL
: 3449   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/22(Thu) 07:32
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「桔梗様……、もうお休みになられましたか……?」
 まだ明けやらぬ山の中で、抱き合った二人を薄暗い静寂が包んでいた。
「……いや……」
 ぽつりと呟いた桔梗に蔓は目を開く。
「どうして? 寒うございますか……?」
「いや……寒うはない。こうしていると心地よいのだが、何故か……かえって寝れぬようになってしもうた……」
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

監獄の学園 更新しました
No.
Name
Date
URL
: 3448   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/12/21(Wed) 12:07
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「監獄の学園」第4話の案内です。

「欲しい、恵理美の指が欲しいの…」2人はマットの上で抱き合っ
ていく。
「恵理、欲しい!」里美が恵理のシャツを捲ると恵理の乳房が露に
なっていく。

「欲しい!」里美は露になったその両乳房を握って「いいわ、里美!」
恵理も恵理のシャツを捲った。

里美も乳房を露になり、2人は衣服を次々と脱ぎ合って生まれたま
まの姿になり、乳房を重ねて抱き合った。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2156★
No.
Name
Date
URL
: 3447   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/21(Wed) 07:41
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「あなた、子供のころ、この階段から転げ落ちたことがあるのよ。
 もう、大騒ぎだった」

 2階に上りきったところは、ホールのようになっていた。
 壁面には絵画、革張りらしいソファーも設えてある。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『教え子とレズる女教師』
No.
Name
Date
URL
: 3446   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/12/20(Tue) 18:01
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『教え子とレズる女教師』
1話読切り 赤城ポポ作

由美 大学講師 31才
私は早朝の研究室に、教え子の大学院生の女の子と一緒にいた。
もうこの関係は続いて数か月は経つ。
「今日も、は・・・激しく・・・したいです」
私の調教を受け入れて、彼女はいつの間にか恥ずかしいことを口に出せるようになっていた。
最初はとてもうぶな子供のようだったのに。
「何を激しくしたいの?」
「キ、キスです・・・先生と舌を絡めて、えっちなキスがしたいです・・・」
「じゃあ、あなたから吸い付きなさい、ほら」
彼女は私の肩を持つと、口に思いっきり吸いついてきた。
わざと口を開けない私。
すると、舌がとがってきて、無理やりに侵入してきた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #174』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 3445   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/20(Tue) 07:46
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 小まめの志摩子主従三人は、住み慣れた祇園を出発した時と同じ順に縦並びに、竹林内の径にさらに踏み込んだ。
 案内役の秀男はゆっくりと歩みを進める。志摩子は、秀男の数歩後を遅れないように付き随うが、秀男の悠然とした歩みは、どんなにゆっくり追いかけても遅れる心配はなさそうだった。

「なあ、秀はん」

 志摩子は、秀男にほとんど肩を並べるまで近づき、声を掛けた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

新作の連載、始めました
No.
Name
Date
URL
: 3444   [返信]
: 未知の星   <akahoshinaoya@yahoo.co.jp>
: 2016/12/19(Mon) 08:17
: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。

今回から「聖なる日の贈り物」の連載を始めました。

お時間にゆとりがありましたらお出で下さい。

http://akahoshi.a.la9.jp/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2155★
No.
Name
Date
URL
: 3443   [返信]
: Mikiko#39;s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/12/19(Mon) 07:41
: http://mikikosroom.com/
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『しずか姫 筆狂い(改)』
No.
Name
Date
URL
: 3442   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/12/18(Sun) 22:43
: http://shy8.x.fc2.com/
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『しずか姫 筆狂い(改)』
第二話 Shyrock作

 車井は困り果てた表情を浮かべながら、しずか姫の乳首を遠慮がちに吸いつく。
「も、もっと強く吸うのじゃ……」
 観念した車井は少し強めに柔らかな先端を唇の中に引き込んだ。
「ああっ!」
 身体に火が点いたように慌てふためくしずか姫。
 それでも車井は唇を離すことなく吸い続ける。
 口の中で硬くなっていくしずか姫の乳首を転がしながら味わっているようだ。
「あぁぁぁ……車井……そなたの舌はまるで生き物のようじゃ……
おおおっ……痺れるようじゃ〜……」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
記事No 削除キー

- SUN BOARD -