Home投稿SearchNotesAdmin

小説・体験談 更新報告 掲示板

自サイトの宣伝や更新報告にどうぞ。S.N.N.に登録されているサイトやえろ物語ランキング 参加者の利用です。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
官能小説『落城の姫 果てしなき悪夢』
No.
Name
Date
URL
: 2848   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/20(Wed) 20:55
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『落城の姫 果てしなき悪夢』
(ファンタジー・全8話) ケイト 作

だが前にも増して激しく打ち込まれる。“ぎちぎち”と秘所が悲鳴を上げるが、触手は思うままに蹂躪する。
時に激しくのたうちながら、その一方的な陵辱を楽しんでいる。
「あぐうっ、 ぐううふうー! お願い許してー! 」
涙ながらに哀願するが、一向にそれは聞き入られず、かえって加虐心を煽るように激しさが増す。
秘所への攻撃のみならず、無数の触手が姫の体を激しく弄ぶ。
それは荒くれどもが何人もよってたかって一人の女を陵辱しているようである。
無慈悲な触手のピストン運動で、幾分馴染んできた秘所への、陵辱はさらに激しさを増してきた。
その動きは素早く淫口まで引き抜かれたかと思うと、いきなり子宮口まで激しく突きたてられる。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

官能小説『見果てぬ夢 2』
No.
Name
Date
URL
: 2847   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/20(Wed) 17:47
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『見果てぬ夢 2』
第18話 “絶望の淵に現れた白馬の王子様” 
「羞恥の風」とっきーさっきー作

「は、はあ……はぁ……美里っ……!」
「はうっ……くぅ、の、信人……さん……ふあぁぁっっ」
わたしは無防備なまでにお尻を突き出して、頭を上げ下げしていた。
両手でベッドの端を掴んだまま、アソコに出し入れされるオチ○チンくんの刺激を全身で受け止めていた。
パン、パン、パンッ、パンッ……パーンッ……
じゅちゅ、じゅちゃっ……じゅちゅ、じゅちゃっ……じゅちゅ、じゅちゃっ……
「ひくっ! ふぅぅ、はぁぁっっ……奥までぇ、届いてぇっ……あ、あぁぁんんっ」
ちょっと落ち着かない。ちょっとケバケバシイホテルの一室で、今夜もわたしは黒川さんと愛し合っていた。
彼にリードされて、思わず赤面しちゃいそうな恥ずかしい体位でもセックスを経験したの。
今だってほら。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★1981★
No.
Name
Date
URL
: 2846   [返信]
: Mikiko’s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/04/20(Wed) 08:01
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「ここで、お口でのレッスンに進む前に……。
 女性器を攻めるには、もう一箇所、有効な箇所があることをお教えしましょう。
 それは……。
 ここです」

 史恵さんが、自分の顎に指をあてた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『金魚すくいでパンチラする人妻』
No.
Name
Date
URL
: 2845   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/19(Tue) 23:33
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『金魚すくいでパンチラする人妻』
1話読切り 赤城ポポ作

有希 主婦 26才
今日はお祭りの日。私は息子を夫に預けて、浴衣姿でりんご飴を舐めながら、ひとりでぶらぶらしていた。
ふと見つけた金魚すくい。ちょうどお客さんも少なくて、何よりも店主のおじさんがかっこよかった。
私はお金を払って、金魚の水槽の前にしゃがみ込む。
「お嬢さん、金魚すくいは得意かい?」
「いえ・・・あんまりやったことないんです」
「じゃあ、ポイをふたつおまけしてあげるよ」
ポイとは金魚をすくう紙のことだ。私はひさしぶりにお嬢さんと言われたことに気を良くした。
でも、すくうのは難しくて、なかなかうまくいかない。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #144』作:ハーレクイン
No.
Name
Date
URL
: 2844   [返信]
: Mikiko’s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/04/19(Tue) 07:30
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 日は西の山にとうに沈んでいた。
 山の端は春の残照を映し美しく染まっていたが、その夕焼け色も時とともに薄れていく。
 日の入りとともに、川縁(かわべり)を吹きすぎる風は急に強く、冷たくなった。まるで季節外れの木枯らしであるかのような川風は、道代を縮こまらせた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★1980★
No.
Name
Date
URL
: 2843   [返信]
: Mikiko’s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/04/18(Mon) 07:36
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「どうも、困ったアシスタントで申し訳ありません。
 それじゃ、指はこれくらいにして、先を進めることにします。
 さっき言いましたように、女性器を愛撫する方法には、もうひとつあります」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

体験談 『私は妻に酷いことをしてしまったのか?』
No.
Name
Date
URL
: 2842   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/17(Sun) 23:04
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

体験談 『私は妻に酷いことをしてしまったのか?』
第1話 投稿者 デイドリーム

「それならどうしてこの前はオナニーしながらW君を思い浮かべたんだ?」の問いに、
「あの時は貴方が誰でもいいから・・・なんて言うから他に浮かんでこなかったのよ」
私達のこの時の会話はSEXするのにはマイナスの会話でした。
妻は白けた感じでした。
私は期待はずれといった感じでしたけど、どうしても妻を他の男に抱かせたい気持ちは相変わらずでした。
そんな想いを懐きながら、数ヶ月が過ぎたある日の事でした。
妻の会社の同僚が退職するということで、送別会としての飲み会に妻が出掛けたのです。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

官能小説『狙われた母娘』(連載スタート)
No.
Name
Date
URL
: 2841   [返信]
: ましゅまろくらぶ  
: 2016/04/17(Sun) 19:48
: http://mclub.sexy-mariko.com/
いつもお世話になっています。
「ましゅまろくらぶ」の管理人です。
官能小説『狙われた母娘』
(未知の星 赤星直也様)
第1話をアップしました。
-------------------------------------------------
「お母さん、ここだわ、ここよ」
「そうね、それにしても広い学校だね」
「だって、有名な高校よ。野球では甲子園が常連なんだから」
「でも、美智が勤まるかしらね、教師だなんて信じられないし」
「そうかもね、お父さんが生きていたら大笑いするわよね」2人の親子が笑顔で「明峰学園」と書かれた校門をくぐった。
 2人はこの春から明峰学園に採用された親子で母親の方は宮園淳子で野球部宿舎の寮母として採用され、娘の美智は美術の教師として採用され赴任してきた。
「お母さん、あそこが職員室よ、行きましょう」2人は校舎が並ぶ中から職員用の建物を見つけて歩いていく。
-------------------------------------------------
是非、お立ち寄り下さい。

http://mclub.sexy-mariko.com/

官能小説『非通知』
No.
Name
Date
URL
: 2840   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/17(Sun) 17:50
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『非通知』
ノンフィクション寝取られ・全4話 小沢たかお 作

画面からは妻の悲鳴のような喘ぎ声が途切れる事なく聞こえています。
男はやっと小さな下着の中に手を入れ動かし始めました。
敏感にされた身体には強烈なインパクトがあったのでしょう。
切羽詰まった声を上げ陥落寸前なのが分かります。
『あぁぁぁんっ!駄目っ!ああぁぁぁ・・そこ弱いっ!如何しようっ・・・逝くわっ・・・
ああぁぁぅ、駄目っ!逝くっ!逝くっ!あああぁぁぁ・・いっくうぅぅぅっ!』
いとも簡単に年下の男に陥落させられ仰け反る女は妻と別人のように映るのでした。
『早かったですね』
男の声が先ほどより冷淡な言い方です。
『・・・・信ちゃんが焦らすからよぅ・・・凄く感じちゃった・・・もう欲しいわぁ』
絶頂の余韻に浸りながらも男の胸に顔を埋め挿入をねだる妻に、
『少し濡れすぎですよ』

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

官能小説『業の系譜』
No.
Name
Date
URL
: 2839   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/17(Sun) 11:16
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『業の系譜』
(近親相姦・全4話) からくり小僧 作

「あああ」私は思わず声を上げます。
 まさぐると、秘裂に食い込む皮紐で固定された棒が私の膣にはまっていました。
 紐も腰の所をぐるりと巡り、端は小さな鍵で止められています。
 棒から伸びるコードを目でたどります。
 見まわすと兄が椅子に腰掛けて笑っていました。
 棒から伸びた長いコードは、兄の持つ機械に繋がっていました。
「ははは、リモコン少女」
 兄の嘲笑が、私を打ちのめしました。
「バイブだけだとすぐに抜けるからね。それを着けさせてもらったよ」
 と、兄はまたボタンを押しました。
 ぐにゅんぐにゅん。今度はバイブは身悶えするように動きます。
「いたっ」破瓜の傷痕を擦られ、鋭い痛みが蘇ります。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★1979★
No.
Name
Date
URL
: 2838   [返信]
: Mikiko’s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/04/17(Sun) 08:09
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 佳代ちゃんの首が再び仰け反り、マットの枕を後頭部が叩いた。
 タイルの上だったら、無事には済まなかっただろう。
 それほどの勢いだった。

「どうです?
 反応がぜんぜん違いますでしょ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『月に一度 妻は親友の妻になる』
No.
Name
Date
URL
: 2837   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/16(Sat) 17:49
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『月に一度 妻は親友の妻になる』
第3話 澤井准一作

 さとみは夫以外の男に乳首を舐められ、どうしていいのかわからず、不安そうな顔で直之を見つめている。
 本当は、泣き出したい気持ちを持っているのに、夫のためにグッとこらえるさとみ。
 ただ、こんな状況にも関わらず、さとみの頭の中は、夫を裏切ってしまう事への罪悪感があった。
 けっしてさとみが望んでこの状況になった訳でもないのに、夫への操を守れない事を気にするさとみ……。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★1978★
No.
Name
Date
URL
: 2836   [返信]
: Mikiko’s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/04/16(Sat) 08:21
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「そうです。
 小陰唇が開いてますね。
 ここは普段、性器を外界から守るために閉じてます。
 でも、性的に興奮すると鬱血して、開くんです。
 もちろん、男性器を受け入れるためです」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

本格的SM小説『黒船館秘話「キョウコ体罰編」』
No.
Name
Date
URL
: 2835   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/15(Fri) 10:15
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

本格的SM小説『黒船館秘話「キョウコ体罰編」』
第2話 鞭打ちの刑 4 「ひとみの内緒話」イネの十四郎作 

 キョウコの後ろに回ったマキが、いきなりムチを振るった。
 九尾の房が、キョウコの体重を支えて震えている右の太股に絡みつく。
「キャアァァゥゥッッッ!!」
 初めて当てられた鞭の衝撃に、キョウコが飛び跳ねている。
「アウァァッッ・・ヤ、ヤ、ヤメテェェッッ!!」
 くっきりとピンクの縞模様が、太股に浮かび上がっている。
 痛めつけられた右足に、力の入れられないキョウコは、両手の縄にぶら下がるようにしている。
 両腕がブルブル震えている。
 今度はそこを狙って、マキが鞭を振るう。
「アヒイィィィッッッ!!」
「キイィィィィッッッ!!!」
 鞭が鳴る度にキョウコの悲鳴が響く。
 暫くすると、キョウコの手足は鞭の跡で埋め尽くされ、
まるで雑巾のように縄に吊り下げられて、喘いでいる。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★1977★
No.
Name
Date
URL
: 2834   [返信]
: Mikiko’s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/04/15(Fri) 07:53
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「さっき、村井さんのご主人もおっしゃってましたね。
 ビクッとされたって。
 クリトリスは、とても敏感な器官だからです。
 しかも、このように包皮から出た部分、これを陰核亀頭と云いますが……。
 ここには皮膚が無く、粘膜で覆われてます」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『ありさ ミラホスタの夢(改)』
No.
Name
Date
URL
: 2833   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/14(Thu) 22:56
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『ありさ ミラホスタの夢(改)』
第13話“黒いブラジャー、黒いヒモショーツ” Shyrock作

「マジで?ケータイで言うなら今バッテリー充電中だから、もう五分だけ待ってよ〜」
「えっ?あと五分で充電できるの?すごっ!シャイさんの回復力!☆★☆でも、ありさのために
たっぷりと充電してもらわなくちゃ。ありさはその間に下着を穿き替えてくるね☆★☆」
「今穿いているTバックでいいんじゃ?」
「さっきバルコニーでシャイさんが濡らしちゃったもん☆★☆」
「そうだったか、ごめんね」
「いいよ〜下着沢山持ってきたから気にしないで☆★☆」
「そう言えばホテルに着いたときいっぱい持ってきたって言ってたね」
「だってシャイさんが直ぐに濡らしちゃうんだもの〜☆★☆」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

官能小説『ゆるしてあげない』
No.
Name
Date
URL
: 2832   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/14(Thu) 13:52
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『ゆるしてあげない』
(近親相姦・全5話) 恋歌 作

 びっくりしたのは和弘のほうであろう。妹が身体の上で動いているなと思っていた
ら、突然、その股間が目の前にきたのだから。当然、生まれて初めて見る女の秘肉と
そのまわりの薄い陰毛に、心臓と目と股間が嫌になるほど反応した。
「やだ、そんなに見ないでよ」
 やはり恥ずかしいのだろう。愛撫そっちのけで百合が抗議の声を出す。しかし、和
弘は目の前の秘肉から周囲の陰毛を滴らせるほどに愛液が染み出ている事をはっきり
と見た。
「もう!」
 真っ赤になりながらも百合は兄の肉棒をやや乱暴に咥えた。しかし舌は恐る恐る動
かす。それは拙い愛撫だったが、タイミングはぴたりで、妹の女の部分を見た和弘の
肉欲が反応する瞬間に合致した。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

官能小説『一夜だけの』
No.
Name
Date
URL
: 2831   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/13(Wed) 22:07
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『一夜だけの』
(近親相姦・全5話) 恋歌 作

 秀行の指が妹の秘肉に触れた。すでに流れている暖かいねばつく液体がねっとりと
兄の指から手を濡らす。秀行は中指をそのまま肉襞にゆっくりと差し込んだ。
「い、いやあぁぁぁぁ…兄さん……も、もう駄目ぇぇーー」
 肉壺の中は、兄の指がさらに愛撫するまでもなくたっぷりとした愛液で満ちてい
た。これならすぐに出来るだろう。しかし、秀行は何かを確認するように丹念に指を
動かして妹の肉壺中をなぞり、まさぐった。もちろん、その間も舌は乳首を舐る事を
やめない。
「兄…に…いさぁん―――」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

官能小説『見果てぬ夢 2』
No.
Name
Date
URL
: 2830   [返信]
: 愛と官能の美学  
: 2016/04/13(Wed) 14:58
: http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『見果てぬ夢 2』
第17話 “オブラートに包まれたふたり” 
「羞恥の風」とっきーさっきー作

「じゃ、決まりだな。行こうか」
俺は自分でも驚くほど下品な声を出していた。
さっきよりも歩幅を拡げて、彼女の手を引っ張るようにして歩いていた。
頭の中では、美里の瑞々しいまでの肢体がビデオ映像のように再現されている。
それに影響を受けて、下腹部がパンパンに膨張している。
俺は美里が本当に好きなのか?
それとも、彼女の身体を……?
バカバカしい謎かけに、顔が勝手に苦笑いを浮かべる。
その一方で、冷静な信人が今の気持ちを解説してみせる。
彼女を包むオブラートが溶けない限り、こんなものさ。
友達以上、恋人未満。
まあ、俺も美里と一緒だ。心も身体もオブラートに包まれているがな。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★1976★
No.
Name
Date
URL
: 2829   [返信]
: Mikiko’s Room   <mikikosroom@goo.jp>
: 2016/04/13(Wed) 07:48
: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「俗諺に、“イヤよイヤよも好きのうち”というのがあります。
 表面的な反応を真に受けて引き下がってばかりじゃ、新しい地平は望めませんよ。
 さて、話を進めましょう。
 村井さんの奥さん。
 クリトリスという器官は、ご存知ですね?」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |
記事No 削除キー

- SUN BOARD -